閲覧人気ページランキング TOP3

rank1.gif 3つの体操であなたの痛みも自然に消える! ⇒ 『体操で体質改善』
rank1.gif イラストで学ぶ3種類 ⇒ 『イボ痔』『切れ痔』『痔ろう』
rank1.gif 我慢できない痛みの応急処置 ⇒ 『痛みの対処法を学ぼう』

膿

 

突然肛門が腫れ、激しい痛みとともに膿が出てきた場合、
肛門周囲膿瘍が考えられます。

 

これは肛門にある穴に便中の細菌が入り込み化膿することでなります。
発熱をともなうのが特徴で、まれに出血して血膿が出ます
痛みは膿の溜まる場所によるので、
深いところに溜まると違和感だけということも。

 

 

早急な切開が必要

膿

重症になると高熱になり、
場合によっては敗血症になることもあり危険です。

これは切開して膿を出さないことには治りません。
切開したから必ずしも治るかというと、
その手術痕から膿が出続けて痔ろうに発展することもあるのです。

 

膿が出てきたために病院で切開してもらうと、
症状も改善されるのでその後の根治治療をしなくなってしまう人は少なくありません。
しかし、切開はあくまで応急処置なのです。

 

 

手術で完全に処置しよう

局所麻酔を使った不十分な切開では、
痔ろうに発展する可能性が非常に高いといえます。
忘れた頃にまた膿が出てきて、
その時にはもう手術しなければ治らない痔ろうになっているのです。

 

切開した後に、膿の原因となる肛門内の原発口を完全に処置して
感染しないようにしなければなりません。

症状が軽いうちならば簡単な手術で済みますので、
重症になる前に処置してしまいましょう。

 

この肛門周囲膿瘍は、免疫力が低下している時になりやすいとされています。
下痢の時などは免疫力が落ちているうえに肛門に細菌がつきやすいので、
注意しましょう。



 

 

1000人以上の患者を治してきた専門家の治療メソッド

痔の治療

 

痔の治療