閲覧人気ページランキング TOP3

rank1.gif 3つの体操であなたの痛みも自然に消える! ⇒ 『体操で体質改善』
rank1.gif イラストで学ぶ3種類 ⇒ 『イボ痔』『切れ痔』『痔ろう』
rank1.gif 我慢できない痛みの応急処置 ⇒ 『痛みの対処法を学ぼう』

乳児・幼児

乳児 幼児

 

痔というとなんとなく、オジサンの病気というイメージがありませんか?
実は赤ちゃんも痔になります
そのため、新米のお母さんは焦ってしまうことが多いようですが、
きちんと知っておけば怖いことはありません。

 

 

赤ちゃんの痔の種類

痔には3つ種類があることは先述しましたが、
赤ちゃんがなりやすいのは以下の病気です。

 

痔の種類 症状
切れ痔

肛門が切れて便の表面に血がつく。
便秘気味の赤ちゃんに多くみられる痔。

肛門周囲膿瘍
(こうもんしゅういのうよう)

肛門周辺のくぼみに、
大腸菌などの細菌が繁殖し、
腫れたり膿んだりする。
おむつかぶれや下痢が悪化の原因になる。
生後1か月から1歳までの男の子に多い。

乳児痔ろう 下痢が続いたり、

肛門周囲膿瘍を繰り返すと、
痔ろうになりやすい。
後根周辺が腫れ、
痛いので触ると大泣きする。
発熱を伴うときもある。

 

 

痔の治療法

乳児 幼児

 

切れ痔
食物繊維を多く含んだ食事メニューの工夫や、
まだ離乳食が始まってない場合は
綿棒浣腸などでケアすることや、
必要に応じて緩下剤で排便の習慣をつけるようにしましょう。

 

肛門周囲膿瘍
こまめなおむつ替えをすることが大事です。
塗り薬や飲み薬で治していきますが、治っても繰り返しやすい病気です。

 

乳児痔ろう
塗り薬や飲み薬を使ったり、患部を切開することも。
おむつかぶれと間違えがちですが、
清潔を保つように気をつけましょう。



 

 

1000人以上の患者を治してきた専門家の治療メソッド

痔の治療

 

痔の治療

 

 

乳児・幼児関連ページ

妊娠初期~後期
出産後