閲覧人気ページランキング TOP3

rank1.gif 3つの体操であなたの痛みも自然に消える! ⇒ 『体操で体質改善』
rank1.gif イラストで学ぶ3種類 ⇒ 『イボ痔』『切れ痔』『痔ろう』
rank1.gif 我慢できない痛みの応急処置 ⇒ 『痛みの対処法を学ぼう』

ポリープ

ポリープ

 

体内のさまざまなところに出来るポリープは、
もちろん大腸にも出来ます。
よく聞かれる胃ポリープなどと違い、
後にがんに発展するものが多いのが大腸ポリープの特徴です。

 

大腸の内側に突出したコブをポリープと呼びますが、
種類がたくさんあるので治療法もさまざまです。

 

大きさが大きいほどがんと合併しやすいため、
5mmを超えるものは手術で切除してしまうことが望ましいでしょう。
小さかったり、明らかに良性であれば慌てて取り除くことはありません。

 

 

大腸がんの疑いもある

ポリープ

ポリープの自覚症状は、なかなか判断がつきません。
大腸がんかもしれない...と不安になって、
病院のドアを叩いて初めて見つかることも多いのです。

 

以下の症状に当てはまる時は、
要注意なのですぐに病院へ行きましょう。

 

・下腹部に原因不明の鈍い腹痛がある
・普段便秘気味なのに下痢が多くなった(また、その逆も)
・便が出血を伴う

 

遺伝もあるので、血縁にがん患者がいる、特に大腸がん患者が複数いる時は
大腸がん検査を受診しましょう

 

 

どんな検査をするのか?

大腸ポリープはそのおよそ8割が良性の腺腫ですが、
そこからがんに発展することが非常に多いのですべて切除してから、
がんに変化していないかどうかを確認します。

 

大腸検査というとバリウムというイメージがありますが、
現在では検査結果の精度から内視鏡検査が主流です。
腸内を洗浄したあと、肛門から内視鏡を入れて見る検査です。
内視鏡医ひとりだけで、およそ10分くらいで終わる簡単なものです。



 

 

1000人以上の患者を治してきた専門家の治療メソッド

痔の治療

 

痔の治療

 

 

ポリープ関連ページ

ストレス
腰痛