閲覧人気ページランキング TOP3

rank1.gif 3つの体操であなたの痛みも自然に消える! ⇒ 『体操で体質改善』
rank1.gif イラストで学ぶ3種類 ⇒ 『イボ痔』『切れ痔』『痔ろう』
rank1.gif 我慢できない痛みの応急処置 ⇒ 『痛みの対処法を学ぼう』

診察

診察

 

痔かな?と思ったらまず病院を受診しましょう。
どこの科を受診するのか一見分かりにくい大病院での検査は、
肛門手術を行わない方針の病院も増えているのでおすすめしません。

 

 

受診科はどこ?

恥ずかしいと思わず、肛門科を受診するようにしましょう
最近ではホームページで先生の性別を事前に調べることもできますし、
女性専用の待合室を設けているところもあります。

 

古くからやっている肛門科の中には自費診療の病院も少なくありません。
保険が効くかどうかも大事なポイントといえるでしょう。

 

 

問診では...

まずは問診から入ります。
問診だけでおおよその診断がつくとされており、
症状などは正直に話しましょう。

 

おさえておきたいのは、以下のポイントです。

 

痛みや腫れ、出血などの症状があるか?

症状が始まった時期はいつ?

普段の便通の状態は?

以前にも肛門のトラブルがあったか?

 

 

触診では...

問診の後は触診にうつります。
一般的には左を下にして横になり、肛門周辺を触診します。

 

診察

この時、下半身はカーテンで仕切られている場合が多く、
医師が確認しているところは自分からは見えませんし、
自分の顔も医師や看護師からは見えません。

 

下着も全部脱ぐわけではなく、
少しおろすだけで患部を見る場合がほとんどです。

 

 

血液検査、内視鏡検査の場合もある

ここまでで大体の場合は診断がつきますが、
確実な診断を下すために追加で血液検査や内視鏡検査を行うこともあります
手術が必要な時は、この段階で日程の確認をすることが多いです。



 

 

1000人以上の患者を治してきた専門家の治療メソッド

痔の治療

 

痔の治療